先物取引解説 TOP → 商品先物取引とは 証拠金取引

+証拠金取引

証拠金取引とは先物取引の際に取引する購入料金の10パーセントなどの証拠金を払って大きな取引をすることです。つまり小額の証拠金を支払って、保証金の数倍の外貨を売買する投資になります。

証拠金というのは担保のようなものになります。外国為替の売り買いの取引を行うために、その取引額に応じて必要になる先に預けておくお金のことです。

証拠金取引にはレバレッジという魅力があります。レバレッジには「てこ」の意味があり、少ない力で大きな力を生み出すこと、つまり小さな資金で大きなお金を動かすという意味があります。

レバレッジ1倍のように証拠金と同額の外貨を取引を行うことで比較的低リスクな取引をすることが出来ますが、レバレッジの倍率を高くすると為替相場の変動によってリスクが高まるので注意する必要があります。先物取引でもこのレバレッジがよく使われており、最初の資金が株式などの他の取引よりも少なくて済みます。

また先物取引では株券や債権を証拠金として活用できます。先物取引ではちょっと変わっていますが、売りからでも取引を始めることもできます。

これは価格が下がると予想したものを売ることから始められるのです。これによって価格が上昇しそうな時も下降しそうな時も、両方で利益を得る可能性があるのです。

レバレッジというのはリターンを大きくする為のものと考えている方が多いですが、先物取引ではレバレッジに対しての考え方が少し違ったものになります。レバレッジなしで取引を行うと小規模の取引を繰り返す必要があるので、現物を取引する業者には負担がかかります。

そういった手間を解消するためにレバレッジを利用するようになったのです。



商品先物取引とは

先物取引とは 証拠金取引 商品取引の起源 先物取引の利点 委託証拠金 世界の状況とリンク 先物取引の仕組み

すっぽんスープ通販 巣鴨三浦屋│【飲むエステ】コラーゲンと必須アミノ酸が豊富な食品(サプリメント)の効果を是非味わってください!お中元やお歳暮へも人気
http://e-shop.tj.shopserve.jp/

タキソテール
タキソテールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.