先物取引解説 TOP → 商品先物取引とは 商品取引の起源

+商品取引の起源

先物取引の歴史はとても古いものになります。江戸時代初期の1630年前後には大阪の米の延取引が開始されて、その100年後の1730年には大阪堂島に米相場会所が公許され、すでに先物取引が盛んに行われていたと言われています。

1998年頃までマーケットはずっと低迷していましたが2001年頃からはマーケットはずっと上昇し続けていて、中長期の上昇サイクルがきているとまで言われています。商品取引は必要性から生まれた世界規模のマーケットなのです。

最初の頃は日本は米を、ヨーロッパは胡椒を、アメリカはトウモロコシなどの穀物を取引していました。農作物などの収穫期と閑散期の価格の変動を緩和することや、現物を持ってこなくても取引できる方法をという希望から、実際の商品の代わりに手形を利用して取引を行うことが考案されました。

現在ではガソリンや原油などのエネルギー資源を始めとして、プラチナ、金、アルミなどの貴金属から大豆、トウモロコシ、珈琲豆などの農産物まで様々な物が取引されています。商品の価格を決めるのは需要と供給のバランスになります。

物が少ないのにそれを欲しい人が多ければ値段というのを上がります。その逆で物は沢山あるのにそれを欲しい人が少なければ値段が下がることになります。

このバランスに関わっているのが最近成長著しいインドや中国などになります。順調な経済発展で得た利益が金の需要に繋がっていると言われているのです。



商品先物取引とは

先物取引とは 証拠金取引 商品取引の起源 先物取引の利点 委託証拠金 世界の状況とリンク 先物取引の仕組み

オーダーカーテン 東京
http://www.monreve-japan.jp/

介護のベッド
http://www.rakuten.co.jp/auc-okasei/


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.