先物取引解説 TOP → 商品先物取引とは 先物取引の利点

+先物取引の利点

先物取引には他の金融商品にはない特徴がいくつかあります。1番の特徴は、レバレッジを利用して大きなリターンを狙うことが出来るということです。

20倍ほどのレバレッジを利用することが出来るので、小額の資金からでも始めることが出来ます。また有価証券を利用することが出来るというのも先物取引の利点と言えます。

先物取引をするのに必要な証拠金に現金だけでなく、株価などの有価証券を利用することが出来るのです。有価証券の名義はそのままになり配当金や増資金などの権利も自分にあるので、持っている証券を活用することが出来ます。

商品先物取引では最初から売りで取引を始めることもできます。この商品がない状態での売りのことを空売りと呼びます。

一度売った後、空売りした商品は必ず買い戻すことになります。これを利用して今後商品が値下がりすると予想した場合でも、投資で利益を上げられる可能性があるのです。

また株券や債権を証拠金として取り扱うことができます。商品先物取引での取引銘柄は10数銘柄しかなく、4000もの銘柄のある株式に比べて分かりやすいという利点もあります。

さらに先物取引では数十万円の金額で取引を始められます。株式よりも少額のお金でスタートできるので挑戦しやすいでしょう。

価格の変動も大きいので利益も大きいのです。もちろん利益が大きい分リスクも大きくなります。

そのため最初は少額から始めたほうが良いでしょう。また分散投資も大変有効でリスクを抑えることができます。

これは商品によって影響を受けるものが異なるため(例えばアルミニウムとトマトの値段など)、株式よりも分散投資の効果があります。



商品先物取引とは

先物取引とは 証拠金取引 商品取引の起源 先物取引の利点 委託証拠金 世界の状況とリンク 先物取引の仕組み

ペット火葬 昭島 立川 あきる野
について


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.