先物取引解説 TOP → 商品先物取引とは 委託証拠金

+委託証拠金

委託証拠金とは、先物取引を行いたい投資家が信用を与えてくれる取引仲介業者に対して差し入れる担保のことを言います。証拠金、正しくは委託証拠金は取引において総取引額の数%程度の金額を保証金として預け入れることで、取引に参加することができるという方法で、保証金として預けるお金のことをいいます。

先物売買金額の3%以上などというように、委託証拠金の差し入れを求められます。委託保証金と同義になりますが、特に信用取引の担保について委託保証金、先物取引の担保について委託証拠金と呼ばれることが多いです。

実際の委託証拠金は証券会社の規定によって違いますが、基本的には30%〜40%ほどになっています。便利なシステムですが、証拠金制度やレバレッジについては正しい知識を理解して取引を行っておきましょう。

借金をして投資するようなものですから、レバレッジなどによる取引を行いすぎるとやはりリスクが高くなります。また委託追証拠金というものがあり、取引の含み損が本証拠金の50%を超えてしまった場合、翌営業日の11時までに必要な証拠金を追加して決済し損失分を支払うことで、この追証が発生しないようにすることができます。

この委託証拠金は有価証券でも代用することが可能です。有価証券を利用する場合は一定の掛け目によって評価されるようになっていまます。

例えば10000円の有価証券を保有していて掛け目が70パーセントだった場合は、有価証券の委託証拠金としての価値は7000円ということになります。



商品先物取引とは

先物取引とは 証拠金取引 商品取引の起源 先物取引の利点 委託証拠金 世界の状況とリンク 先物取引の仕組み

ソフラチュール
ソフラチュールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.ngocchauseafood.com.vn/
金持ち父さんと貧乏父さん


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.