先物取引解説 TOP → 商品先物取引とは 世界の状況とリンク

+世界の状況とリンク

商品先物取引所というのは世界中に沢山あります。マレーシア、スウェーデン、オランダ、ベルギー、フランス、ドイツなど挙げれば他にもまだまだあるのです。

日本の市場で先物取引が終わる頃にロンドンで取引が始まる・・という形で、世界中のどこかで常に市場というのは動いています。海外には多くの先物取引所があり、取り扱われている上場品目も多くあります。

アメリカでは先物取引が最近ますます身近なものとなっていて、ヨーロッパでも多くの国で先物取引がありますし、今全世界で注目されている取引と言えるでしょう。日本は先物先進国であったはずですが、先物取引に関しては現在は世界に取り残されてしまった後進国になります。

法律の改正によってこれから世界進出のきっかけが出来ることになるので、世界での活躍を期待したいと思います。商品取引は世界の様々なニュースとリアルタイムに繋がっています。世界の状況がダイレクトに反映される、これが先物取引の面白みでもあります。

インドの金の需要が伸びることで金の価格を上がったり、携帯電話の普及が金属の需要を増やしたり、新しい油田が見つからないと石油が上昇したりなど。その国での戦争など大きな事件などがあった場合、輸出量が減って供給が減り価格は上がってきます。

また異常気象も食物の価格を上昇させる原因です。環境、時事、政治などの様々な問題がダイレクトに反映されているのです。

これは取引の戦略を考えたりする上でとても大切な情報となります。逆にこのような商品取引を考えることは世界の動きを知ることもできますので、利点として捉えることもできます。



商品先物取引とは

先物取引とは 証拠金取引 商品取引の起源 先物取引の利点 委託証拠金 世界の状況とリンク 先物取引の仕組み

http://richidad-office.com/sonota/sonota.html
金持ち父さん貧乏父さんのコンテンツ

スルガム
スルガムなら医療関係者向けの製品情報サイトで!


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.