先物取引解説 TOP → 先物取引の注意点 先物取引の被害

先物取引の被害

先物取引は証拠金を積むことによって、実際よりも大きな金額の取引を行うことが可能となる取引です。それにより大きな利益を生むことがあれば、大きな損失を生むこともあります。

先物取引の被害というのは昔から存在しています。被害に合わないためにも、全て自己責任で責任の取れる金額を設定するようにしましょう。

先物取引を宣伝する際に「必ず儲かる」とか、「損が出ればこちらで負担する」などとうまい言葉などを利用して無理やり契約を結ばせようとする悪徳業者なども存在します。最近では多大な損商品先物を中心に、電話や訪問による勧誘がしつこく行われるという被害が沢山出ています。

度重なるしつこい勧誘の電話をやめてもらいたいからという理由だけで先物取引の業者と契約を結んでしまって、後々トラブルになってしまっているという方も少なくありません。しかし勝手に勧誘行為を行うなどといった行為は禁止されているので、被害に合わないためにもしつこい勧誘などはきちんと断るようにしましょう。

何を言われても先物取引を希望していないことをはっきり伝えるようにしてください。向こう側がいくら脅してきたとしても、電話口で会う約束は絶対にしないようにして下さい。

勝手に会う約束をされた場合でも、約束の場所に出向く必要はありません。万が一騙された時のために、自己防衛手段というものを持っておくといいと思います。

先物取引の被害に合わないためにも投資は自分で行うことが大切です。他人任せでなければ取引を行えないという人は先物取引に手を出すべきではないと言えるでしょう。



先物取引の注意点

ハイリスク・ノーリターンの取引 断る勇気を持とう 損をする時のことも考える 先物取引の被害

フルーラ ラムネ
http://www.masatoya.net/ww_2781.html

ポスター印刷
大判印刷ならディプリーズ楽天市場店で!

タゴシッド
タゴシッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.