先物取引解説 TOP → 先物取引の商品 原油

+原油

原油というのは油田から採掘されて、ガスや水分などを除かれて生成されていない黒い液体のことを言います。日本はアメリカに続いて世界の輸入量の10パーセントを占めるほど輸入しています。

原油はあらゆる分野で使用されており、とても値動きの激しいものの一つです。生活の中で原油が材料になっているものというのはとても多くあります。

紙やプラスチック、繊維の他に原油を元にガソリン、灯油、アスファルト、重油などが作られています。原油の価格が上がれば、原材料のコストも上がることになります。

石油製品と呼ばれるプラスチックや化学繊維、紙などもあります。原油の価格は航空券や電気、ガス料金にも影響を及ぼします。

以上のようなことから原油は世界中の経済に大きな影響を与える重要な国際商品として、常に世界中から注目されています。その分原油は最も大きな市場を持つ商品の一つとなっています。

北米市場、欧州市場、アジア市場の3大市場が形成されています。特にニューヨークのマーカンタイル取引所のウェスタンテキサスインターミディエイトは、世界の原油価格の指標となっています。

原油が高騰するとガスなどが値上がりになるので、生活にも影響が出やすいのも特徴です。世界の原油取引はWTI、ロンドンの北海ブレンド、中東のドバイ原油が代表的な価格指標を作り上げています。

日本が輸入している主な原油はドバイ原油になりますが、WTIが値上がりや値下がりをすると、その影響を受けてドバイ原油もつられる傾向にあります。



先物取引の商品

原油 ガソリン・灯油 トウモロコシ 大豆 プラチナ

【楽天市場店:父の日「お酒名入れ」/日本酒ギフトセット/焼酎ギフトセット/梅酒ギフトセット/酒器セット贈り物】
http://www.rakuten.ne.jp/gold/osake-utuwa/

透析 送迎
透析の送迎なら五反田ガーデンクリニック!


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.