先物取引解説 TOP → 先物取引の商品 ガソリン・灯油

+ガソリン・灯油

原油にはガソリンと灯油があり、2種類それぞれに違いがあります。特にガソリンは原油価格や需給要因を反映して細かく激しい値動きをすることから、値動きで利益を狙うデイトレーダーに人気があります。

ガソリンはレギュラーやハイオクなどの純度に分かれているため、それによって分類されます。値動きの特徴としてはガソリンは一般的に夏場に需要が多く、冬場は少ない傾向があります。

これは夏休みなどに普段あまり車を利用しない人が運転する、お盆に帰省や旅行で遠出をする人が多いなどの理由があります。ゴールデンウィークや年末年始など、中でも天気のいい日は需要が増加する傾向にあります。

逆に灯油は航空機のジェット燃料などに使用される他にも、石油ストーブなどの暖房用にも使われます。暖房を使用するのは冬場となるので、冬場は価格が上昇する傾向にあるのです。

寒ければ寒いほどその需要は伸びます。ガソリンと灯油の価格を動かすのは、その原料である原油です。

原油の相場変動によりガソリンと灯油の相場も連動します。原油相場の変動によって、ガソリンと灯油の相場も連動して動きます。

ガソリン・灯油の分析のポイントになるのはアメリカ石油協会やアメリカエネルギー情報局の週間在庫統計でしょう。アメリカ時間の毎週水曜に発表されるのでチェックするようにしましょう。

どちらの商品も値動きが大きく、1日で1000円以上動くこともあります。そのためこれらを買うときは目を離さないようにして下さい。



先物取引の商品

原油 ガソリン・灯油 トウモロコシ 大豆 プラチナ

http://www.cocosab.com/結婚式 招待状


事務服 ベスト
事務服のベストなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.