先物取引解説 TOP → 先物取引の商品 トウモロコシ

+トウモロコシ

トウモロコシは日本ではそこまで消費されていないイメージがありますが、米、小麦に続く世界3大穀物の一つです。これは牛や豚、鳥などの家畜の餌として多く消費されているからです。

殆どが家畜用飼料として消費されていきますが、コーンスターチや人口甘味料など使用用途は沢山あります。トウモロコシの最大の生産国は輸出も世界の50〜70%を占める米国です。

米国の中西部のトウモロコシ生産地帯はコーンベルトとも呼ばれています。第2位は中国で人口の増加、経済の成長に伴う需要の増加からです。

トウモロコシの相場には価格変動要因の違いから、天候相場期と需要相場期と呼ばれる時期があります。天候相場期は4〜9月辺りにあり、需要相場期は10〜3月を辺りにあります。

作付け期に長い間雨が降ると作付け時期が遅い大豆へのシフトが懸念されて、作付け面積の減少が予想されるために買い材料になることがあります。なお南半球の生産国ではちょうど反対の時期に生育期に入るため、これらの国々の生産動向にも注意が必要です。

天候や在庫率にとても影響されるので、変動しやすくなります。日本ではアメリカからの輸入が殆どなので、為替レートの変動というのも大きく影響することになります。

トウモロコシは有史以前から栽培されて、南北アメリカ大陸では主要農産物となっていました。日本には16世紀にポルトガル人が伝えたことによって、明治の初期にスイートコーンやデントコーンが広がったと言われています。

スイートコーンは主に食用として消費されるもので、デントコーンは馬歯種と呼ばれ、現在は家畜用飼料やコーンスターチの原料として消費されています。



先物取引の商品

原油 ガソリン・灯油 トウモロコシ 大豆 プラチナ

ナースサンダル 黒
黒のナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

中古iphone携帯買取東京
http://mobileone.co.jp/


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.