先物取引解説 TOP → 先物取引の商品 大豆

+大豆

大豆は食物の中で肉と同じぐらいのたんぱく質を持っているため、古来から畑の肉として食べ続けられています。日本では大豆は殆ど輸入に頼っているので、産地の天候などの影響で大きく値動きが起こることがあります。

大豆は一般大豆と遺伝子組み換えでなNon-GMO大豆とに分けて取引されています。最も取引の中心となるのはNon-GMO大豆です。

また大豆の油を絞った後の大豆ミールも配合飼料として上場されています。大豆の最大生産国は米国で、日本は輸入量の約75%を米国産に依存しているのです。

トウモロコシなどと同様に、大豆にも天候相場期(5〜9月)と需要相場期(10〜3月)があり、また今後は中国の輸入拡大に注目が集まります。大豆の産国というのは南米と北米に限られているので、これらの地域の生産動向によって価格は大きく左右されます。

特に天候や在庫量などが大きく影響すると言われています。病害虫などが発生することによって輸入の規制が出たりすることもあります。

最近は大豆も品種改良されているので早霜などの被害というのは減少していますが、夏の干ばつが生産に深刻な影響を与える場合もあります。ちなみに大豆の需要は製油用と食用に大別されます。

そのうちの3分の2以上が製油用として使用されいて、その大豆粕は家畜の飼料になります。日本では80%以上がアメリカ産を占めていて2番目にブラジル、3番目が中国になります。

需要の量では特に影響を与える要因はないと言われています。



先物取引の商品

原油 ガソリン・灯油 トウモロコシ 大豆 プラチナ

ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!

http://www.dgachn.org/
レンタカー 鹿児島空港ならこちら

ディレグラ
ディレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.