先物取引解説 TOP → 先物取引の商品 金

+金

金は世界情勢が混乱したときに人気の出る傾向があります。特に世界の基軸通貨であるドルが下がると、金が上がるといった傾向があります。

インフレやデフレなどの情勢変化にも対応力が強く、金利上昇時などにリスク回避手段として金が活用されることも多いのです。過去にオイルショックが起こった時は原油と伴に金の価格も上昇しました。

原油価格が高騰することによって産油国が潤うので、オイルマネーの流入先としても金は常に注目されています。現在金の約80%は宝飾品として扱われていますが、一方で半導体などの工業製品にも使われます。

1980年から金の価格は下落基調が続いていましたが、1999年からは値上がりが続いています。原油と金の価格は関係があり原油価格の高騰で産油国が潤うことから、オイルマネーの流入先としても金は注目されています。

2001年の9月にあったアメリカの同時多発テロをきっかけとしてイラク問題や中国、インドなどの需要増大への期待など多くの要因が影響して現在、金ブームが起こっています。金の価格というのは他の商品と同じく、需要と供給のバランスによって大きく左右されます。

しかし金には物としての資産である以外に金融資産としての面もあるので、景気、インフレ、通貨、金利などにも影響されることになります。金の最大の産出国の南アフリカの供給力の低下などは特に注目しなくてはなりません。

国内での金の供給は海外の輸入に頼っているので、価格の動きは為替レートをチェックしておく必要があります。



先物取引の商品

原油 ガソリン・灯油 トウモロコシ 大豆 プラチナ

貸し会議室やトランクルームを大阪市で展開するリアライブ
http://www.rearlive.co.jp/

ダオニール
ダオニールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.