先物取引解説 TOP → 先物取引を始めよう 安全性について

+安全性について

お金を使用する取引ですから、安全性に関してはきちんと確認をしておく必要があります。安全性も以前は悪質な業者などが存在しており認知度も低かったのですが、現在ではそのような業者は処分を受けてなくなってきていますので、安心して投資して良いと思われます。

現在は商品先物取引受託業者は許可制となっており、経済産業省や農林水産省、また業者同士の規定によって厳しく監視されています。証拠金などの委託者資産を守れるようにするために、委託者試算制度の強化が行われました。

商品先物取引の安税制をさらに高めるために清算機関の強度が強化されて、複数の取引所での取引を清算機関によって一括で出来るようにするために、商品取引以外でもこの機関を設けることを可能とする制度というのも出来ました。

また受託業者が顧客から預かった証拠金は全額日本商品清算機構JCCHに預けられ、残った投資家の資金は指定金融機関に預金されます。これにより商品取引業者が勝手に使用することはできなくなっているのです。

このような仕組みによりもしも商品取引業者が倒産してしまっても証拠金は保障されますし、資金を預けた当日に業者が倒産してしまった場合でも、1000万円を限度として預かり金を保証するシステムも存在するのです。今までの補償制度はあまり信頼出来ないものでしたが、今は取引員と委託者間で違約が発生した場合でも1ヶ月もしないうちに全額が返済されるようになっています。



先物取引を始めよう

安全性について 先物取引の準備 手数料を比較 注文方法 取扱商品 取引会社を選ぶポイント

http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/
ポスター印刷

ベナンバックス
ベナンバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

筆耕 弔辞
筆耕の弔辞なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!

リバティ ラミネート
http://item.rakuten.co.jp/auc-syugeiyasan/c/0000000120/


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.