先物取引解説 TOP → 先物取引を始めよう 先物取引の準備

+先物取引の準備

先物取引の準備を始めましょう。口座開設には約2週間程度あれば良いでしょう。先物取引を行うときは、証券会社との契約が必要になります。

@資料請求
口座を開設するために資料請求を行います。現在は様々な証券会社がありますので、気になる証券会社を見つけた場合は資料請求をするようにしましょう。近年はインターネット上から簡単に無料で資料請求を行うことが出来ます。また申込手続きもインターネットで行える場合が多いようです。

A交付書類を記入
取引規約や受託契約準則などに同意する書類に署名捺印します。これらの書類は郵送されてくる場合やインターネットやメールを利用して、ダウンロードして印刷する場合があります。

B郵送
本人確認書類のコピーを郵送して完了です。本人確認は運転免許証や保険証、住民票の写しなどになります。

先物取引を始める前には商品先物取引を証券会社に委託するという意思を表す「約諾書」というものに、付や住所、署名、押印などをして記入する必要があります。この約諾書はとても大切なものになるので、必ず目を通して自分で行うようにしましょう。

先物取引の取引を始めるには「委託証拠金」を預託する必要があります。銘柄により必要になる金額というのは違いますが、預託するのは現金だけでなく、株券などの有価証券でも代用することが出来ます。

契約を取り交わしたら必ず取引しないといけないというわけではありません。契約が完了した後、取引を行うかどうかは自分自身で決めることが出来ます。



先物取引を始めよう

安全性について 先物取引の準備 手数料を比較 注文方法 取扱商品 取引会社を選ぶポイント


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.