先物取引解説 TOP → 先物取引を始めよう 注文方法

+注文方法

商品先物取引の注文方法には様々なものがあるので知っておくようにしましょう。

・成りき注文
これは一番基本となる注文方法で、その時点の相場で注文を行います。

・指値注文
指値注文も基本となる注文方法として利用されています。これは先に値段を指定しておいて、その値段なったら自動的に注文が成立させるものです。

・逆指値注文
指値注文の逆の指定での注文です。つまり指値注文は○○円以上なら売り、○○以下なら買うというように指定しますが、逆指値注文がこの逆で○○円以下なら売り、○○円以上なら買うというようにしています。

・ストップ注文
これは指定した金額になった時点で成行注文として注文する方法です。

・ストップリミット注文
これは指定した金額になった時点で指値注文として注文する方法です。

・引成注文
取引の引けと呼ばれる前場、後場の最後に成行で売買する方法です。

・期日指定注文
これは売買する日を予め指定しておいて行う注文です。

・デイトレード注文
デイトレードとは日割り専用の注文です。デイトレーダーと呼ばれる日計り専門のトレーダーが利用しています。

・イフダン注文
ある指定した金額で売り注文が成立したときに、買い注文も同時に出すことが出来る注文方法です。買いの注文と売りの注文がセットになっているので、買いの注文が成立しなければ売りが行われることはありません。

以上が基本的な注文方法となります。紹介したように様々な注文方法がありますが、先物取引会社によって取り扱っている注文方法というのは異なりますので、自分が使用したい注文方法がある証券会社を選ぶようにしましょう。



先物取引を始めよう

安全性について 先物取引の準備 手数料を比較 注文方法 取扱商品 取引会社を選ぶポイント

http://www.dr-m.co.jp/



お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © 先物取引解説 All Rights Reserved.